/ 3HK

3香港(Three HK)のeSIMをリチャージして継続利用する方法

3香港のeSIMの場合、初回は10-Day Passという10日間パスを購入することになりますが、このプランは90日以内に非連続使用可能で最大10日間使用できるというものです。2019年1月末にこれを購入して以来、日本、フィリピン、台湾と使用し、10日使い切ったと同時にちょうど90日も経過して先日期限切れとなりました。そこで次回海外旅行用に追加でプランを購入したので、その方法を共有します。

3Careへのログイン

まず、3Careという3香港のユーザー向けウェブポータルにブラウザでアクセスします。

ここで Mobile Number と Password を入れてログインします。Mobile Number と Password は3香港のeSIMをアクティベートした時に送られてくるSMSに記載されています。

初回使用の際に送られてくるSMS

万が一このSMSが届いていなかったり、消してしまった場合は、Mobile Numberについてはデータプランの残日数や有効期限の確認方法でも紹介した通り、##107# にダイアルすることで確認できます。(送られてくるSMSの一番先頭に記載があります。)

また、Passwordについては 503175 に空SMSを送るとSMSでパスワードが返ってきます。iPhoneなどの場合は何か文字を入力しないとSMSを送信できないかと思うので、そういう場合は単純に半角スペースを入力して、送信すればOKです。

(ただし、SMSは10日間パスが有効な期間でないと送れないようなので、使い切ってしまったあとにパスワードを確認したい場合は3香港に問い合わせてみてください。)

一点、3香港のeSIMの初回有効期限はアクティベートした日から180日間となっています。最初に送られてくるSMSにExpiry dateとして記載されているので、こちらも確認しておいてください。

ログイン後の流れとしてはまずデータプランを購入する分の金額(香港ドル)をチャージし、そのチャージ金額を使ってデータプランを購入する、というプロセスです。

必要金額をチャージ

さて、無事にログインすると以下のような画面が表示されます。

3Care Home

ここで左下の Value Added Service & Setting の中の、Manage: Roaming Daily Pass... をクリックします。(尚、メニューバーからも同じように進むことができます。)

右上の Online Recharge からもチャージを行うことができますが、金額が20, 50, 100, 200, 300, 400, 500香港ドル単位でしかできないので、結果的に(たぶん)損します。何回もチャージが面倒、という方はまとめてチャージしておくというのはアリかと思いますが。

次にデータプラン(パッケージ)を選択します。初回同様の10-Day Passか、1-Day Passという1日限りのパッケージも選ぶことができます。両方有効期限は90日間。1日当たりの料金的には10-Day Passの方が多少安いですが、大差はないです。今回は初回と同じ10-Day Passを選択しました。料金は138香港ドル(日本円でおよそ2,000円ほど)で、初回とまったく同じ金額です。

内容確認のページを2つほど挟んで、支払いのページになります。

Recharge Amount に138(香港ドル)が入力されているかと思います。支払いにはクレジットカード(VISA、MasterCard、AMEX)、Alipayなどが利用できます。洗練されたデザインではないですが、上から順に入力していくだけなので迷うことはほぼないでしょう。

支払いが完了するとその旨のページが表示され、この時点で138香港ドルが(ログインに使用したMobile Numberに)チャージされたことになります。

データプランの購入

支払い完了後、また Data Package の画面が表示されます。

ここで再度、購入したい10-Day Roaming Data PassのSubscribeボタンをクリックします。

尚、データパッケージを購入するとその日から90日の有効期限がスタートするので、もし直近で使用予定がない場合は、チャージだけ済ませておいて、データパッケージの購入は後日、というのもできるかと思います。今回は2回に分けるのも面倒なので、そのまま購入まで行いました。

購入するデータパッケージを選択したあとは、確認ページを経て、完了画面となります。

ここで正常にデータプランが購入され、アクティベートされたこと、そして有効期限などが確認できます。


所見

3香港はモバイルアプリを提供しておらず、またウェブポータルもお世辞にも使いやすいUIとは言えませんが、リチャージプロセス自体はそこまで難解とは感じませんでした。

再度になりますが、注意事項としては

  • あらかじめ Mobile Number、Password、eSIMの有効期限(Expiry date)を確認しておく
  • Online RechargeではなくValue Added Service & Settingから金額のチャージを行う
  • データプランを購入する日は90日の有効期限を考えた上で決める

くらいでしょうか。

尚、3香港のeSIMの有効期限についてですが、最初はeSIMをアクティベートした日から180日。そして追加のチャージを行うと、その日から90日になり、さらにデータプランを購入すると、その日から90日となるみたいです。今回はチャージとデータプラン購入を同じ日に行いましたが、日にちを開ける場合はチャージした日から90日以内にデータプランを購入する必要がありそうです。