シンガポールのM1が短期滞在旅行者向けプリペイドeSIMの提供を開始

今回提供が開始されたのは同社が展開する M1プリペイドツーリストSIM のプランのうちのひとつで、シンガポール初のeSIM向けプリペイドデータプランとなります。

シンガポールのM1が短期滞在旅行者向けプリペイドeSIMの提供を開始
💡
本記事の内容は執筆時点での情報です。

M1(旧 Mobile One)はシンガポールの3大通信キャリアのうちの1社で、モバイル通信やブロードバンド事業などを行っています。3大通信キャリアのその他2社は、SingtelとStarhubです。

プリペイドeSIMの内容

今回提供が開始されたのは同社が展開する M1プリペイドツーリストSIM のプランのうちのひとつで、シンガポール初のeSIM向けプリペイドデータプランとなります。

M1 Prepaid Tourist SIM

M1プリペイドツーリストSIMは上のスクリーンショットにある通り7 days、12 days、14 daysの3種類があります。そして今回eSIMに対応したのは7 daysタイプのものになります。

【7 daysプランの詳細】
料金: 12シンガポールドル(約1,000円ほど)
データ容量: 100GB
ローミングデータ: なし
現地通話: 500分
現地SMS: 100通
国際通話: 20分

100GBのデータに通話やSMSも含まれて1,000円前後とは、めちゃくちゃ安いですね。日数的にもシンガポールだけでの利用であれば7日でも十分ではないでしょうか。

少し調べたところ、シンガポールは国土が小さいため3大キャリアは全て人口ほぼ100%をカバーしているようでエリア的にはまったく問題なさそうです。また、世界的にみてもシンガポールは通信速度が平均的に速い国らしいので、スピードに関しても期待できそうです。

端末に関して、iPhone XR / XS / XS Max、11インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro(第3世代)は利用できるようですが、新型iPad AirやiPad mini、PixelなどのAndroid端末の記載はありません。果たして本当にこれらの端末がサポートされていない(使えない)のかは現段階では不明です。個人的には新型iPad AirとiPad miniに関しては普通に使えそうな気もしますが。

購入方法

eSIMタイプの7 daysプランを購入できる場所は以下の3箇所になります。

  • M1ショップ:
    全10店舗
  • M1ディストリビューター:
    Arrow Communication Group
    HandPhoneShop
    Pacific City (Asia Pacific)
  • セブンイレブン、Cheersの一部店舗

チャンギ空港のChangi RecommendsカウンターやMeet & GreetカウンターでもM1プリペイドツーリストSIMは販売されているようですが、7 daysプランは取り扱いがないというように公式サイトには記載されています。ただしこの情報が今後更新され、空港で手に入れることもできるようになる可能性はあると思いますので、時間がある方は一度空港のカウンターも覗いてみる価値はあるかもしれません。

尚、パスポートのみで購入ができるみたいです。

After a day exploring the city of Singapore, I found my way to the top of the Marina Bay Sands Hotel for a drink. I couldn’t have asked for a better view.

現在シンガポールで利用できるeSIMは複数ありますが、3香港以外は料金的にも若干高め。3香港に関しても1日500MBを超えるデータ使用に関しては低速になってしまいます。これらと比較するとM1の7 daysプランは現地の大手通信会社が直接提供するプランというだけあって料金、内容共に非常に魅力的です。

残念ながら今回のM1プリペイドツーリストeSIMは今のところオンラインでの購入ができないようですので、esimdbでの比較対象には含めていません。今後シンガポールへの旅行前にオンラインで購入できるようになることに期待したいところです。また、7 daysプラン以外にもローミングデータが含まれる12 days、14 daysプランもぜひeSIMで提供して欲しいですね。


2019/09/28: 追記

シンガポールでM1のeSIMと3香港のeSIMを使ってみたので、レビュー記事を書きました。

シンガポールで3 (Three HK) のeSIMが大活躍!M1のeSIMも現地で購入できました
3香港とM1のeSIMをシンガポールで使ってみたので、現地での通信品質や購入方法などをまとめました。