香港旅行向けオススメのeSIM 5つを徹底検証【現地テストのレビュー含む】

香港旅行・出張者のための、激選おすすめトラベルeSIM情報まとめです。

香港旅行向けオススメのeSIM 5つを徹底検証【現地テストのレビュー含む】
💡
この記事は執筆時点での情報を元にしています。

この記事は、香港を訪れる際のインターネット利用に便利な旅行eSIM(プリペイドタイプのeSIM)5つを激選し、そのうち複数を現地でテスト、その結果を比較・検証したレビュー兼体験談です。

旅行、出張関わらず、現地でのネット環境にeSIMを使ってみようかな、と思っている方の参考になれば幸いです。

尚、ここで紹介するeSIM以外にも香港で利用可能なトラベルeSIMは多数あります。本記事はあくまで参考情報として、実際に選択する際には esimdb.com で色々な選択肢をチェックしてみてください。

香港で使えるeSIM一覧 - 海外旅行者向けのプリペイドデータプランを比較
香港向けトラベルeSIMとデータ通信プランを簡単に比較できます。料金や口コミ・レビューから安くておすすめのプリペイドeSIMを検索してみましょう。

*自分がiPhoneユーザーのため、検証はすべてiPhoneでの内容です。


香港の通信キャリア

香港にはChina Mobile Hong Kong(中國移動)、3HK(3香港)、SmarTone、PCCW(HKT & CSL含む)といった通信会社がありますが、国土が広くはないためカバレッジエリアに大きな差はなさそうです。

念の為 Perplexity(ChatGPTのような大規模言語モデル / AIで、ウェブの情報も含めて回答してくれる)に聞いてみたところ、同様の答えが返ってきました。

4Gエリアに関する質問とLLMの回答

Statistaのデータはあまり参考にしすぎない方が良さそうですが、nPerfなどのデータ含め総合的にみても、どのネットワークでも電波状況はほぼ問題ないはずです。地方の5Gは分かりませんが、少なくとも4Gエリアについては。

(上記は電波の入るエリアであって、実際の通信速度はまた別の話です。)


Airalo

旅行者向けeSIMデータ通信サービスで知名度ナンバーワンと言っても差し支えないであろう「Airalo」。

日本語にも対応しており、使いやすさもトップクラスです。

10%割引コード「ESIMDB10の利用方法含め、購入ステップは以下の記事にまとめていますので、まだ使ったことがないという方は参考にしてみてください。

AiraloのeSIM購入方法とインストール方法
Airalo eSIMのデータプラン購入方法からアクティベート方法まで網羅的に解説。

AiraloのeSIMはQRコードの読み取り不要でアプリから直接インストールできたりと、初心者にも比較的使いやすいサービスです。

Airaloの香港データプランの料金

近年は価格面での優位性を失っている感が否めませんが、香港においてはまだそこそこ頑張っているかと。

*以下は2024年6月時点での情報です。最新情報はAiralo公式サイトでチェックをお願いします。

Airaloの香港向けeSIM "Hkmobile" は全5プラン。(以前は4つでしたが、2GBプランが追加されました。)

Hkmobile のプランと料金 - Airalo
データ容量 有効期限 価格 GB単価
1GB 7日 $4.5 $4.5
2GB 15日 $7 $3.5
3GB 30日 $8.5 $2.83
5GB 30日 $12 $2.4
10GB 30日 $19 $1.9

ちょっとした旅行や出張といった短期滞在では、多くの場合3GBから5GBあたりがちょうど良いデータ容量になってくるのではないでしょうか。

5GBプランでも上記の10%割引コードを使えば10.8ドルなので、そこまで高くはないように思います。

データヘビーユーザーや数週間滞在する場合は10GBプランが安心できそうですが、こちらは10%割引で$17.1、日本円でおよそ2500円前後とGB単価300円を切ります。

尚、Hkmobileの場合、プランの有効期限は現地で最初に通信を行ったタイミングでスタートします。

Airaloの香港での通信品質

*検証時期: 2024年6月

*使用端末: iPhone 15 Pro

香港国際空港に到着後、AiraloのeSIMのデータローミングを有効に設定した上で、モバイルデータ通信に割り当てれば、すぐにインターネットに接続できました。

現地での接続先ネットワークは CSL 4G です。

AiraloのeSIMでCSL 4Gに接続中

今回離島などは訪れる時間がありませんでしたが、空港から市内(九龍・香港島)までの道中、地下鉄含め、カバレッジは全く問題なく、圏外になることは一度もありませんでした。

通信速度

以下がAiraloのeSIMで実施したスピードテストの結果です。エリアは左から、香港国際空港、旺角(モンコック)周辺、中環(セントラル)周辺になります。

Airalo eSIMの香港での通信速度

ダウンロードは数十Mbps〜数百Mbpsと幅がありますが、そこまで悪くはない数字。アップロードは相対的に遅めで5〜30Mbps程度ですが、一般的なインターネット利用はダウンロードメインなのでそこまで問題にはならないでしょう。

このAiraloのeSIMはシンガポールの通信会社Singtelのローミング通信を利用した回線のようで、Ping値は70ミリ秒前後。香港とシンガポールは非常に近いので、これくらいの遅延におさまっており、こちらもローミングにしては良い方ではないでしょうか。

実際の体感としても、普通に使えましたね。遅延もそこまで酷くはなく、スピードもそこそこで、特に悪い点や問題点は思い浮かびません。個人的に「海外旅行中これくらいの通信品質であればまあそこそこ満足」と感じるレベルでした。

尚、テザリング(インターネット共有)も利用可能です。

データ残量チェックや追加データ購入もアプリから可能

Airaloのモバイルアプリ(iOS, Android)からデータ使用量 / 残量の確認、そして必要であればデータ容量のチャージもできます。

Airalo iOSアプリの画面

香港で使えるプリペイドeSIMの中には格安ながら、こういったアプリの提供がないものもあるので、選ぶときには少し気にしてみるのも良いかもしれません。

Airalo eSIMまとめ

✅ サイトもアプリも丁寧に作られていて初心者でも使いやすい

✅ 香港プランは5つのみだが、そこそこ良心的。プラス10%割引コード「ESIMDB10」利用可能

✅ 香港ではCSLの4Gに繋がり、通信品質的にも満足できるレベル(個人的には)

Nomad

見るたびに利用可能国もデータプランの数も増え、加えて料金面でもかなり低価格路線を徹底しているように感じる「Nomad」。

以前まではなかったAndroidアプリもリリースされたり、大容量プランが大量に追加されたりと、着実に利便性が上がってきており、もはや使い勝手では業界トップクラスのeSIMサービスです。

2023年に(機械翻訳感は否めませんが)日本語にも対応し、日本人にとってはより使いやすくなりました。

地元の人のように旅行 | Nomad - 旅行者に最適な eSIM
165 か国以上で現地料金のデータ プランを備えたトラベル eSIM · Nomad アプリをダウンロードすると、いつでもどこでも eSIM を購入、管理、補充できます。
Nomad 公式サイト

(この記事で使われている画像は少し前のものなので英語になっていますが、今は日本語設定が可能です。)

Nomad eSIMの購入方法やインストール方法はすべて以下の記事に(画像多めで)まとめていますので、使ったことがないという方は参考にしてみてください。また、3ドル割引コード「ESIMDB3についても紹介しています。

Nomad eSIM の購入とインストール方法
Nomad eSIMの購入からインストールまで網羅的に解説。

Nomadの香港プラン詳細

*以下の内容は執筆時点での価格です。最新情報はNomadの公式サイトで確認をお願いします。

Nomadの香港eSIMデータプランは全部で6つ。

データ容量 有効期限 価格 GB単価
1GB 7日 $4 $4
3GB 30日 $9 $3
5GB 30日 $12 $2.4
10GB 30日 $18 $1.8
15GB 30日 $20 $1.33
20GB 45日 $25 $1.25

10GB以上はGB単価が2ドルを切っており、かなりコスパは良い方と言えるでしょう。

さらにここからプロモコード「ESIMDB3」を利用すると3ドル割引となるのでお得感が増します。

3GBプラン以下はやや割高になるので、5GBプラン以上がオススメ。

Nomad eSIMの香港での通信品質

*検証時期: 2023年4月

Nomadの場合、香港に到着する前に(直前でもいいので)あらかじめデータプランをアクティベート(有効化)しておきましょう。これをしないと現地でデータ通信ができません。

公式サイト(ウェブ)またはNomadのアプリからeSIMを選んで「Activate Data Now」を押せばそれだけでOKです。

この時点からプランの有効期限がスタートです。

データのアクティベートが完了している状態で、香港についてすることはAiraloと同様、

  1. データローミングを有効
  2. モバイルデータ通信に設定

以上です。

NomadのeSIMは香港ではCSL LTEに繋がりました。

Nomad eSIMでCSL LTEに接続中

4G vs LTE という表記の違いはあれど、Airaloと同じCSLのネットワークということで、終始エリア的にも問題なし。繁華街でのパケ詰まりなどの問題もなしでした。

通信速度

NomadのeSIMがCSLに接続された状態で行ったスピードテストの結果が以下です。場所は左から、香港国際空港、旺角(モンコック)周辺、中環(セントラル)周辺です。

ダウンロードもアップロードも数値としては安定してますが、全体的にはやや遅め。といっても旅行中の一般的なインターネット利用においては問題なく使えるレベルではありますが。

このNomadのeSIM、実はIPアドレスが香港のものになっており、そのためPingは40ミリ秒前後と良い数値になっています。(IPSはPCCW Global。)

総合評価としては、Airaloと比較すると通信速度はやや劣りますが、Pingはベター、といったところ。体感としては両者にそこまで大きな差はありませんでした。

テザリング(インターネット共有)も使えます。

アプリでeSIM使用状況確認

Nomadの公式ウェブサイトあるいはモバイルアプリから、リアルタイムのデータ使用量などをチェックすることができ、必要に応じて追加のデータプラン購入も可能です。(値段は元々のプラン料金と同じ。)

iOSアプリのスクリーン - Nomad

尚、現在はアプリも日本語対応済みです。(機械翻訳感あり)

Nomadの香港eSIMまとめ

✅ 料金面では特に5GBプラン以上でコスパ良し。プラス割引コード「ESIMDB3」利用で3ドルOFF

✅ 香港ではCSLのネットワーク。速度的にはぼちぼちだがPingの値はGood

✅ 公式サイト、モバイルアプリともにデザインが洗練されており、非常に使いやすい。

MobiMatter (3HK eSIM)

MobiMatter はお得な旅行eSIMを多数揃えるマーケットプレイス的なサイト。たまに商品が入れ替わることもありますが、基本的には低価格なeSIMを見つけるにはもってこいの要チェックサイトです。

特に今回紹介する3HKのeSIMは、香港の電話番号 + 無料通話付きという特徴があり、またコスパもトップクラスです。ただし、利用開始までに本人確認登録(eKYC)が必要なため、やや玄人向けかもしれません。

*3HK(または3香港)は、Hutchison(ハチソン)が「3」のブランド名でサービス展開している香港の通信キャリアです。

MobiMatterのサイトからのeSIM購入方法とアカウント登録で得られる特典について、以下の記事にまとめていますので、もし購入を検討する方は参考にしてみてください。

MobiMatterのeSIM購入方法とメンバー特典について
MobiMatterのプリペイドeSIMを購入する流れと、アカウント作成のメリットを解説。

MobiMatterで購入できる3HKのプリペイドeSIM

*2024年6月時点での情報です。

MobiMatterの公式サイトにある香港eSIM専用ページを開くと、以下のように香港で使用できるeSIMを一覧で見ることができます。

複数の国で利用できるタイプなど種類が多いので、eSIMDBの香港 > MobiMatterページで確認した方がわかりやすいかもしれません。

この中で香港専用のeSIMは以下の3つ。

  • 2GB / 30日間 : $7.99(無料通話1000分付き)
  • 12GB / 30日間 : $15.99(無料通話2000分付き)
  • 120GB / 365日間 : $43.99(無料通話10000分付き)

すべて3HKが提供するもので、+852の電話番号付き

コスパを考えるとやはり圧倒的に12GBと120GBプランがオススメ。とはいえ年に何回も香港に行くという方以外は120GBも要らないと思うので、実質選択肢は12GBプラン一択になるでしょう。

自分も今回12GBプランを購入しましたが、$15.99なので日本円で約2,500円弱。さらにMobiMatterでアカウント登録をして購入すると3%だけですが割引も受けることができ、さらに安く購入できます。

尚、これらの3HK eSIMの特徴や注意点は以下の通り。

  • 3 Hong Kongの公式サイトからeKYCが必要(*後述します)
  • 購入から6ヶ月以内に利用開始が必要
  • 有効期限はQRコードをスキャンし、eSIMを端末にインストールした時点でスタート
  • テザリング(インターネット共有)利用可能
💡
MobiMatterでは香港、中国、マカオで使えるeSIMも販売しているので、マカオや深圳も訪れるという方にはそちらもオススメです。

3HK eSIMのオンライン本人確認手続き

3HKのeSIMは電話番号の付属する現地eSIMということで、eKYC = オンライン本人確認が必要になります。実名登録、という法律で定められた義務らしいです。

やり方はMobiMatterから送られてくるメールにAuto-Registration(自動登録)方法として記載されていますが、簡単にステップを解説すると、

  1. 香港到着後にeSIMを有効化 & モバイルデータ通信に設定し、指定された3HK公式サイトの登録URL(https://www.three.com.hk/prepaid/account/en/rnr-reg)にアクセス
  2. eSIMの電話番号またはICCID(= 識別番号)が自動で読み取られる(されない場合は端末の設定から番号を自分で確認してコピペ)
  3. パスポートをスキャンし、情報を(自動)入力
  4. 登録完了

という流れです。

実際の本人確認の流れ

3HKのeSIMでモバイル回線を利用して3HKの登録ページにアクセスすると、メールアドレスの入力画面が表示されるので任意のメールアドレスを入力します。その後eSIMの電話番号が自動で読み取られ、そのまま進むことができます。

*この段階では3HKのページ以外へのアクセスが制限されている状態なので他のWebページは閲覧できず、アプリも使用できません。

eSIMを使って登録ページにアクセスができない場合の対処法

モバイル回線で登録ページにアクセスできない場合、WiFiに接続された状態でアクセスし、自分でICCIDをコピペする必要があります。正直結構面倒です。

(iPhoneの場合は設定 > 一般 > 情報からICCIDを確認することができます。)

WiFi等を使ってインターネットに繋がる端末から登録URLにアクセスすると、Mobile number か ICCID でログインどちらか選択する画面が表示されます。Mobile numberの場合は最初の+852を省いた8桁、ICCIDの場合は全桁をコピペします。自分はICCIDを選択しました。そしてSMSでOTP(ワンタイムパスワード)を受け取り、ログインします。

3HKの登録ステップ - ログイン

パスポート写真をアップロードし、登録完了

番号の確認が完了すると、次は Individual user か Organization user を選択する画面になるので、ここで Individual user を選択。あとはパスポートをスキャンして、読み取られた情報を確認して、Confirm を押すと登録(eKYC)完了です。

3HKの本人確認ステップ - パスポート

処理は自動らしく、完了後すぐにSMSでその旨のメッセージが届き、無事eSIMを利用できるようになりました。

まあ少し面倒な手続きではあるものの、数分で終わる手続きですし、完了してすぐに使えるようになるので、空港の無料WiFiなどでもできると思います。

尚、この登録を香港に行く前に事前にできればいいんですが、現状は香港現地でないとできないはずです。

3HKのeSIMの通信品質

*検証時期: 2024年6月

香港現地ではほとんどLTE、たまーに5Gの表示になっていたように思います。

3HK LTEに接続中

空港、九龍半島、香港島どこも電波状況は問題なしでした。

通信速度

左から九龍湾周辺、旺角(モンコック)周辺、中環(セントラル)周辺で行ったスピードテスト結果です。

さすが3HKの現地eSIMということで、Ping値は20ミリ秒とNomadを上回るレベル。速度的にもダウンロードは良好。

これくらいあれば旅行中のインターネット利用としては十分使いものになるのではないでしょうか。

尚、データ残量はMobiMatterの公式サイト、あるいはモバイルアプリからログインして確認できます。

MobiMatter(3HK eSIM)のまとめ

✅ 香港の通信キャリア「3」が提供するeSIMということで、コスパ最強

✅ 利用開始に必要な利用者登録がなかなか面倒ではあるものの、オンラインで可能

✅ Ping、通信速度ともに良好

その他の旅行eSIM

実際に香港で試してはいないものの、選択肢になり得るプリペイド型eSIMを取り上げます。

eSIMX

2024年の春頃から急に超低価格路線で攻め、人気が出てきた新興の旅行eSIMサービス「eSIMX」。

eSIMX ホームページ

eSIMXの香港eSIMプラン

*2024年6月時点での情報です。

eSIMX 香港eSIMプランと料金
データ容量 有効期限 価格 GB単価
1GB 7日 $4.5 $4.5
3GB 30日 $8 $2.67
5GB 30日 $11 $2.2
10GB 7日 $13.5 $1.35
10GB 15日 $16 $1.6
10GB 30日 $18 $1.8
20GB 7日 $21 $1.05
20GB 15日 $23 $1.15
20GB 30日 $24.5 $1.23
✏️
さらに、割引コード「ESIMDB10」を使うと10%OFFになります。

10GBと20GBプランが豊富で、かつコスパがかなり良いです。1週間以内の香港滞在であれば10GBでわずか13.5ドル、上記の割引コード利用で12ドルちょっと。

eSIMXは公式サイトからの購入も(英語のみではありますが)非常に簡単で、検討の価値あり。

GlobaleSIM

GlobaleSIMもeSIMXに匹敵、あるいはプランに国によってはeSIMXよりもさらに安い旅行eSIMサービスです。eSIMXと比較するとGlobaleSIMはけっこう前からサービス提供をしているので、実績のあるプレイヤーと言えます。

VoIP通話など、付加サービスがあるのも特徴ですが、公式サイトがやや重たいのがたまに難点。(あと英語のみ。)

GlobaleSIMの香港プラン料金

GlobaleSIMの香港eSIMプランは以下の7つ。

データ容量 有効期限 価格 GB単価
1GB 7日 $4 $4
2GB 15日 $5 $2.5
3GB 30日 $7 $2.33
5GB 30日 $10 $2
10GB 30日 $12 $1.2
20GB 30日 $22 $1.1
50GB 30日 $44 $0.88
✏️
割引コード「ESIMDB10」利用で10%OFF。*ただし一部利用対象外のプランあり。

普通は少量プラン(1GB - 3GB)は割高なことが多いのですが、GlobaleSIMは少ないGBでも比較的良心的。そして5GB以上ではGB単価2ドルを切っており、10GBプランを超えるとさらにコスパが良くなります。

この記事で紹介した他のeSIMサービスと比較すると、Webサイトの使い勝手はイマイチではありますが、コスパはトップクラスなので、比較対象にはぜひ含めてもらいたいところ。


eSIM、便利です

香港旅行者向けの物理SIMカードもAmazonなどで検索すると、データ容量によりけりですがだいたい1,000円から2,000円くらいの価格帯ではないでしょうか。今回、eSIMでも同様のデータ容量 & 価格で複数の選択肢があるのはこの記事でご理解いただけたかと思います。

もちろん厳密にコスパを考えると物理SIMにまだ軍配があるのかも知れませんが、SIMの抜き差しの手間や紛失のリスクなどを考えると、eSIMも十分選択肢になると個人的には思います

そして香港に限らず、海外旅行先でのデータ通信にeSIMを検討するときは、ぜひ esimdb.com でさまざまな選択肢を比較してみてください 👇

海外旅行者向けeSIM検索・比較サイト「eSIMDB」

50以上の旅行eSIMサービス、20,000以上のデータプランから旅行先や予算に応じた検索ができます。

eSIMDB 公式サイトはこちら