ベトナム旅行にオススメのeSIMを徹底検証【無制限含め5種類の比較レビュー】

ベトナム旅行・出張で使えるプリペイドeSIMを複数テストしたまとめ記事です。

ベトナム旅行にオススメのeSIMを徹底検証【無制限含め5種類の比較レビュー】
✏️
2024年7月: 情報をアップデートしました。

この記事は、ベトナム旅行者向けトラベルeSIM(プリペイドeSIM)を実際に使って比較・紹介するという検証型レビューです。

現在以下の5つのeSIMについて実際に使った内容をもとに情報をまとめています。

  1. ソラコムモバイル: 2022年7月 ホーチミンで利用
  2. SimOptions: 2022年7月 ホーチミンで利用
  3. Nomad eSIM: 2022年10月 ホーチミン&ダナンで利用
  4. GIGAGO: 2024年7月 ホーチミン&ニャチャンで利用
  5. MobiMatter: 2024年2月 フーコックで利用
💡
ベトナムで使える旅行eSIMは、上記以外にもコスパの良いeSIMが多数あるので、渡航前にまずはトラベルeSIM検索・比較サイトeSIMDBで最新情報をチェックしてみてください。

2022年まではローミングeSIMのみでコスパの良い選択肢が多くはなかったベトナムですが、2023年からは現地の通信会社が提供するローカルeSIMや低価格プランもちょくちょく出てきており、以前にも増してeSIMを利用する旅行者が増えている印象です。

今後もさらに色々な旅行者向けeSIMが出てくるでしょう。

*自分はiPhoneユーザーなのでこの記事はiPhoneでの内容がベースとなります。

ソラコムモバイル

ソラコムモバイル(Soracom Mobile)はIT系、特にIoT界隈では有名な日本のソラコム社が提供する海外旅行者向けeSIMサービスです。

✏️
株式会社ソラコムはKDDIのグループ会社で、2024年3月に上場した上場企業です。

*iPhone / iPadで利用可能。Androidは残念ながらまだ未対応です。

ソラコムモバイルの特徴

日本の上場企業が提供するサービスということで、日本語で利用できるという安心感ももちろんありますが、ソラコムモバイルの特徴はなんといってもサービス全体の使い勝手の良さ。eSIMの購入から利用まで、アプリひとつですべて完結します

グローバルeSIMデータ通信サービス | ソラコム モバイル
ソラコム モバイルのeSIMを使えば海外旅行先でも手軽でスマートにインターネットを使うことができます。eSIMテクノロジーで海外での新しいデータ通信を体験しましょう!
ソラコムモバイル公式サイト

(*ウェブサイトはサービス内容の紹介のみでeSIMの購入はできません。)

流れとしてはまずApp Storeからアプリをダウンロードして、国やデータプランを選び、そのまま Apple Pay or クレジットカードで購入。

ソラコムモバイルアプリでのeSIM購入の流れ

途中アカウント登録 or ログインが必要になりますが、そこも Apple ID でサインイン(Sign in with Apple)であっという間です。

💡
ストアの閲覧、データプランの選択まではアカウントなし、ログインなしでも可能です。

購入完了後はワンタップでeSIMをiPhoneにインストールすることができます。QRコードの読み取りは不要です。

ここまでたぶん数分で完了します。

インターネット環境があればいつでもどこでもアプリから直接eSIMをインストールできますが、自分はいつも念の為WiFi環境でこのeSIMのインストールを行っています。とりあえず安定したネット環境下でしましょう。

💡
購入したeSIMは渡航前に日本でインストールしておく方が無難。

もちろん日本にいる間は使えない(繋がらない)ので、現地に着くまではこのモバイル通信プラン(eSIM)自体をオフにしておけばOKです。

ベトナムデータプランと料金

現在ソラコムモバイルでは日本やシンガポール、台湾、香港といったアジア諸国のほか、アメリカやオーストラリア、ヨーロッパ(33カ国)などで利用可能。

詳しいデータプランと料金については公式サイトのeSIM料金ページをご確認ください。

ベトナム向けのデータプランは執筆時点で以下の4つ。

データ容量 有効期限 価格 GB単価
1GB 30日 $5.89 $5.89
3GB 30日 $16.49 $5.5
5GB 30日 $26.99 $5.4
10GB 30日 $52.99 $5.3

*料金は全てアメリカドルベース。

正直ほかのコスパの良い旅行eSIMと比較すると、ソラコムモバイルは価格面ではやや高めです。

個人的にはソラコムモバイルの価値はそこ(値段)ではなく、使いやすさなので、海外旅行で初めてeSIMを使ってみるという方や、緊急に1GBだけモバイルデータが必要といったバックアップに最適。

もちろん特に値段は気にしないよ、という方や、会社の経費で賄えるという方にとっても選択肢になるでしょう。

✏️
ソラコムモバイルの場合、基本的にデータが使用できなかった場合は全額返金対応をしてくれるようなので、そこはかなり安心材料になります。

*尚、モバイルデータ通信専用サービスのため、通話/SMSには利用できません。

ベトナムで実際にデータ通信を利用

✏️
2022年7月時点での情報です。

ソラコムモバイルの場合、データローミングやAPNの設定はする必要はなく、設定から「モバイルデータ通信」に割り当てるだけで使えるようになります。

ホーチミンのタンソンニャット国際空港到着後、無事現地ネットワークを掴んでくれました。ベトナムでは Vietnamobile につながります。

ソラコムモバイルでVietnamobile 4Gに接続

たまに3Gになっていたこともありますが、基本は4G。

ホーチミンでの通信速度や品質

ホーチミン市内(1区)でスピードテストを行った結果がこちら。

ソラコムモバイルのホーチミンでの通信速度

特に速いわけではないです(というか日本の5G/4Gと比較されれば低速です)が、正直これでも全然十分使えました。

そして速度に大きなブレもなく、安定していた印象です。

💡
現地での通信速度については2022年8月に改善があったようで、上記の速度の約2倍のスピードが期待できるそうです。

日本を経由するローミングなので、若干Ping値は大きくなっています。個人的にはあまり気になりませんでしたが、動画ありの通話などリアルタイム性が重要視される場合はややラグを感じるかもしれません。

データ残量の確認や追加購入、インターネット共有など

ソラコムモバイルアプリから、いつでもデータ残量の確認やデータの追加購入(チャージ)が可能です。

今回自分は2泊3日の短い滞在だったのでデータの追加購入はしませんでしたが、アプリから簡単にできる使い勝手と安心感はGood。

尚、インターネット共有(テザリング)も問題なく使えました

コスパ的には最安値ではないものの、使い勝手の良さと通信の安定感はさすがといったところ。

eSIMDB バナー
esimdb.com

SimOptions - Smart Traveller eSIM

さまざまなプリペイドeSIMを扱っている SimOptions、日本では聞いたことがない方も多いかもしれませんが、けっこう魅力的な商品が揃っています。

公式サイトのベトナム向けeSIMページでは、現在5つほどeSIMが掲載されています。

今回はその中で「Smart Traveller eSIM」を取り上げます。

こちらのeSIMは6GBのデータ容量で値段は$17.90。最大10日間利用可能です。

SimOptionsのサイトでのeSIM購入方法については以下の別記事で詳しく画像付きで解説しています👇

SimOptions の eSIM の購入方法
SimOptionsのサイトでのeSIM購入方法を画像付きで詳しく、ステップごとに紹介します。

この Smart Traveller eSIM、以前マレーシアでも実際に使いました👇

【アジア周遊にもオススメ】SimOptionsのeSIMをマレーシアで使ってみた
安くてアジア方面の旅行に便利なSimOptionsのeSIM「Smart Traveller eSIM」をマレーシアで試してみたレビュー記事です。

アジアの複数の国をカバーしているので、アジア周遊に便利なeSIMで、日本やアメリカでも利用できるため、日本在住or米国在住の方にとっては渡航前に自国で通信テストもできるメリットがあります。

ただし、SimOptionsのeSIMはあくまで一般的な旅行者向けSIMカードのようにパッケージ化されたeSIM商品なので、モバイルアプリで管理したりという利便性はありません。

ベトナムでのデータ通信体験談

✏️
2022年7月時点での情報です。

マレーシアで使ったときは全く問題なく使えた Smart Traveller eSIM ですが、ホーチミンでは最初から問題が発生しました。

空港到着後、数分で繋がりアンテナピクトも4本しっかり表示されていたのですが、その後すぐに圏外に。モバイル通信プラン自体のON/OFF、機内モードON/OFF、そしてiPhone自体の再起動までいろいろと試しましたが、直らず。とりあえずソラコムモバイルがあったのでネット確保は大丈夫でしたが、Smart Traveller eSIMだけだとなかなかのピンチでした。(前回マレーシアで問題なかったので油断していました。)

結局30分後に再度試すと VinaPhone の3Gに繋がりました。

ただ、SimOptions のサイトの情報ではベトナムでの現地ネットワークは Viettel のはずなので VinaPhone に繋がったのはちょっと不可解。

次の日からはちゃんと Viettel に繋がっていました。

場所によって5Gだったり4Gだったり。中心地以外は4Gがほとんどだったと記憶しています。

ただ、5Gでも4Gでもとりあえず通信速度のばらつきがすごかった

以下スピードテストの結果ですが、アップロードは基本安定しているものの、ダウンロードのレンジが 1Mbps〜41Mbps。

Pingが300ミリ秒超えで遅延もそこそこあることから、実際の体感としてもそこまで速い感じはせず。

だいたい問題なく使えることは使えていましたが、たまにパケ詰まりかと思うくらい遅い時はありました。

圏外になって全く使えなくなる、ということは一番最初の空港の時以外はなかったので、まあそこはギリギリ合格点。

この通信速度の不安定さがたまたまなのか、よくあることなのかは不明ですが、安定感のなさはやや不安材料です。

尚、こちらのeSIMもテザリング(インターネット共有)利用可能でした。

Nomad eSIM

Nomad は海外旅行者向けのプリペイドeSIMサービスの一つで、デザインや操作性、使い勝手はトップクラス。

自分も過去に複数の国で利用したことがありますが、不具合など一切なく、信頼できるサービスという印象です。そしてウェブサイトやアプリも非常に洗練されていて使いやすいです。

2023年夏に日本語にも対応(ただし若干機械翻訳感あり)。

地元の人のように旅行 | Nomad - 旅行者に最適な eSIM
165 か国以上で現地料金のデータ プランを備えたトラベル eSIM · Nomad アプリをダウンロードすると、いつでもどこでも eSIM を購入、管理、補充できます。
Nomad 公式サイト

ベトナムプランと料金

*執筆時点での情報ですので、最新情報はNomad公式サイトでチェックしてください。

Nomad公式サイト ベトナムページ

Nomadはサービスの使い勝手もさることながら、料金も良心的でプランも豊富です。

データ容量 有効期限 価格 GB単価
1GB 7日 $4 $4
3GB 30日 $10 $3.33
5GB 30日 $13 $2.6
10GB 30日 $19 $1.9
15GB 30日 $26 $1.73
20GB 45日 $30 $1.5
💡
さらに、割引コード「ESIMDB3」で初回のみ3ドルOFFになります!

特に5GBプラン以上のコスパがよく、データ容量的にも安心。もちろん滞在日数にもよりますが。

NomadのeSIMの具体的な購入方法、そしてインストールから利用開始までの流れについては別途記事にしています👇

Nomad eSIM の購入とインストール方法
Nomad eSIMの購入からインストールまで網羅的に解説。

Nomadはアプリも使い勝手がよく、ソラコムモバイル同様非常に使いやすいですし、アプリからデータ残量の確認や追加のデータ購入が可能。

*データ通信専用、現地の電話番号は付属しません。

ベトナムでの通信品質

✏️
2022年10月時点での情報です。今は現地の接続先ネットワークがViettelからMobifoneに変更になっている可能性が高いです。

渡航前日にアプリの Activate Data Now を押してプランを開始し、ホーチミン到着後に設定からこのNomadのeSIMを有効にし、データローミングをオン、そしてモバイルデータ通信に設定。以上で使えるようになります。

まだ機内でしたがなんのトラブルもなく、インターネットが利用できるようになりました。ここは一番ほっとする瞬間。

Nomad eSIMのベトナムでの接続先はViettel、表示はLTEです。

Nomad eSIMでViettel LTEに接続

ホーチミンとダナンにそれぞれ数泊しましたが、エリア的にはまったく問題なしでした。圏外になったのは確かダナンの空港に着陸した直後、駐機場までの区間だけだったと記憶しています。

そして肝心のスピードテストの結果が下の画像の通りです。左から、ホーチミン市内(1区)、タンソンニャット国際空港(SGN)、そしてダナン市内中心地です。

Nomad eSIMのベトナムでの通信速度

通信速度にある程度のばらつきはあるものの、旅行用としては十分実用的なスピードが出ていたように思います。あまりアップロードを使う機会はなかったのでダウンロードメインの体感ではありますが、終始快適に使えました

香港経由のローミング通信ということで Ping は100ミリ秒超でていますが、そこまで遅延を感じることはなく、許容範囲内。

ベトナム国内での移動には大変便利なGrab(配車アプリ)もしっかり使えましたし、Google MapsやYouTubeも全く問題なし。

インターネット共有(テザリング)もできました

思いのほか快適に使えたのプラス、(おまけとして後述する)併用していた楽天モバイルの海外ローミングがめちゃくちゃ不安定だったこともあり、今回購入した3GBプランを完全に使い切ってしまったので、5GBプランを最初から買っとけば良かったと最終日に少し反省。

Nomadの場合は以下のようにアプリでデータ残量をチェックしたり、データの追加購入も簡単にできます。

NomadのiOSアプリ画面

Nomad eSIM まとめ

3GB〜15GBプランがあたりがコスパ的にオススメ。そして割引クーポンコード「ESIMDB3」の利用をお忘れなく。

GB単価が3ドル(450円ほど)程度 or それ以下だと他のトラベルeSIMと比較してもかなり良い方だと思いますし、今回実際にホーチミン & ダナンで使ってみて実際の通信もローミングながらとても安定して十分使えると感じました。

また、アプリからデータ使用量を確認できたり、必要な場合はデータの追加購入もできますし、デザリングが使えるので複数端末でもOK。ということでしっかりこれらチェックボックスをクリアしている点も評価できます。

GIGAGO

GIGAGOはベトナムと香港を拠点とする旅行eSIM専門サイトで、2023年のリニューアルで種類が大幅に増え、かつ全体的に料金も下がりました。

GIGAGOについても他のeSIMサービス同様、eSIMの購入方法を別記事で詳しくまとめていますので、初めての方は参考にどうぞ 👇

GIGAGOのeSIM購入方法とクーポンコードの紹介
GIGAGOの旅行eSIMを購入する手順を画像付きで解説。

*英語のみで日本語には対応していませんが、購入自体は他のサイトと大差ないので難しいことはないです。

GIGAGOの販売するベトナム現地eSIM

GIGAGOはベトナムの通信会社VinaPhoneが提供するローカルeSIM(現地eSIM)を販売していること、そして購入も簡単なのが最大の魅力。

商品ラインナップも他社と比べて多く、データ無制限プランもあります

現地eSIMって?という方もおられると思いますが、ここではとりあえずベトナムの大手通信キャリアが提供するプリペイドeSIMで一般的に通信の遅延(ラグ)が少ないeSIM、と理解していただければOKです。これまで紹介したソラコムモバイル、SimOptions、Nomadは全てベトナム以外の国の通信会社が提供するeSIMを使っており、ローミング通信という仕組みになります。

GIGAGO ベトナムeSIMページ

GIGAGO公式サイトのベトナムeSIMページでプランをすべて確認できますが、だいたい6種類から8種類ほどあります(たまに売り切れ商品あり)。

7GBや10GBなどデータ容量が決まっているタイプと、4GB/dayのように1日あたりのGBが決まっているタイプ、そしてUnlimited(無制限)と複数のタイプがあります。

価格は$8.90からで、全体的にけっこう安め

さらに、

✏️
クーポンコード「ESIMDB」で5%オフになります。

*ただし数量限定のようなので使えなかったらすみません。

尚、ベトナムeSIMのページをスクロールすると以下のように(少し見にくいですが)プランの比較表があり、内容を細かく確認できます。

ベトナムeSIM 比較表

データ容量や有効期限はもちろん、アクティベート方法だったり有効期限の開始タイミングなども明記されています。

この表に「Incoming calls」と「Incoming SMS」という列があり、それぞれ通話(受信)とSMS(受信)という意味。これらが Yes になっておれば利用可能です。

ベトナム現地での通信品質

✏️
2024年7月時点での情報です。

今回は一週間ほどの滞在だったため、10GBプラン($11.90)を購入。

あらかじめベトナム渡航前にiPhoneに購入したeSIMを追加しておきましたが、その時はアクティベート中という表示になっていました。

開通手続き

GIGAGOが販売するローカルeSIMは、プランによってSMSを送信して開通手続きをする必要があるものがあります。

送信先の番号や送信するテキストについては、購入後に届くメールに書いてあるので、必ずチェックしましょう。

✏️
SMSはベトナムに着いてからでないと送信できないので、必然的に開通はベトナム到着後となります。

現地到着後、GIGAGOのeSIMを「モバイルデータ通信」と「デフォルトの音声回線」の両方に設定します。

モバイル通信の設定

今回自分が購入した10GBプランは「8968」の番号に、「KH GIGAGO」というテキストを送信する、というものでした。

手順は以下の通り。

  1. iPhoneのメッセージアプリ(緑のやつ)を開き、右上から新規メッセージを作成
  2. 「宛先:」には 8968 と入力し、「差出人:」は必ずGIGAGOのeSIM(回線)を選択
  3. テキストメッセージに「KH GIGAGO」と打ち、送信
SMSでの開通手続き

すると瞬時に上の画像のように開通手続き完了のメッセージが届くはずです。

これで無事インターネットを使うことができるようになります。ローカルeSIMなのでデータローミングの設定もオフのままでOK。

✏️
この開通手続き後は「デフォルトの音声回線」を日本の主回線など、別の回線に変更しても問題ありません。

ホーチミンでの通信環境

ホーチミンのタンソンニャット国際空港到着後、上記の開通手続きをするとすぐにモバイルデータ通信が使えるようになりました。

ネットワーク名は「VinaPhone 4G」あるいは「iTEL LTE」と表示されるはずです。

GIGAGO eSIMでVinaPhone 4Gに接続

ホーチミン滞在中は3Gになることもなく、カバレッジは全く問題ありませんでした。

数回だけ一瞬Eや圏外の表示になることがあったのですが、すぐに直ってました。だいたいそういう時は機内モードのオンオフで解消します。

以下がスピードテストの結果です。左から、タンソンニャット国際空港、レタントン通り周辺、そしてベンタイン市場周辺の値です。

GIGAGO eSIMのホーチミンでの通信速度

総じてダウンロードは100Mbps近くと快適な速度で、アップロードも10 - 40Mbpsと良好。そしてローカルeSIMということでPingは20ミリ秒前後と優秀

実際データ通信を使った体感としては、若干初速(セッションの確立)に時間がかかる感覚は正直ありましたが、その一番最初の通信以外はとても快適でした。

✏️
速度も全体的に安定しており、通信品質ではこの記事で紹介した旅行eSIMの中でもトップクラスです。

ニャチャンでの通信環境

ホーチミンから国内線で1時間ほどの距離にある、海岸沿いの観光地ニャチャン。

ここでもVinaPhoneのネットワークは優秀で、市内の電波はまったく問題なし。滞在中、ボートでいくつか島を巡るアイランドホッピングのツアーに参加しましたが、島はもちろん海の上でもけっこうちゃんと電波が入っていて驚きました。

以下、左がカムラン空港(CXR)、真ん中と右側がニャチャン市内で行ったスピードテストの結果です。

全体的にホーチミンでの数値よりはやや低めですが、それでも旅行には問題ないレベルでしょう。

テザリング(インターネット共有)

iPhoneの場合、インターネット共有の利用にはAPN設定が必要でした。(プランや端末によって異なるのかもしれませんが。)

これについては購入後に送られてくるメールの一番下に小さく書いてるので気づきにくいかもしれません。

設定自体は非常に簡単で、「設定」>「モバイル通信」からGIGAGOのeSIMをタップし、「モバイルデータ通信ネットワーク」を開いてAPNに必要なテキストを入力するだけです。

APNの設定

10GBプランでは「m9-itelecom」というAPN値がメールに書いてあったのでそれをそのままインターネット共有その他すべてのAPN欄に(念の為)入力すると、無事インターネット共有が使えるようになりました。

データ残量の確認

プランのデータ残量と有効期限は開通手続き同様、SMSを送信することで確認ができます。

「宛先:」は同じ 8968 で、メッセージで「GIGAGO」と送れば情報が返ってきます。

SMS経由でのデータ残量と有効期限チェック

専用アプリをインストールする必要もないですし、原始的ですが便利です。

GIGAGO eSIM まとめ

遅延(Ping値)の小さいローカルeSIMかつ低価格、しかも速度も安定しているという総合点の高さで、個人的にはベトナム旅行者向けのプリペイドeSIMの中では現時点で最有力候補。弱点がほとんど見当たりません。

基本的に大容量データプランが多いのでどのプランでも十分ではありますが、データ無制限プランがあるのも特徴。

ただ、中長期滞在で必要とするデータ容量が少ない場合は、他のeSIMの方が価格面で安い場合はありそうです。

MobiMatter

MobiMatter は日本人旅行者の間ではあまり認知されていないかもしれませんが、商品の豊富さはたぶん業界トップクラス。どの渡航先であれ、選ぶのに迷うほど種類があります。

ベトナムに関してはローミングeSIMのほか、VinaPhoneの現地eSIMを取り扱っています。

MobiMatterのサイトからeSIMを購入する方法と、メンバー特典については以下の別記事にまとめています 👇

MobiMatterのeSIM購入方法とメンバー特典について
MobiMatterのプリペイドeSIMを購入する流れと、アカウント作成のメリットを解説。

アカウント(メンバー)登録すると3%割引を受けることができるので少しお得。

MobiMatterが販売するVinaPhoneの現地eSIM

*2024年2月時点での情報です。最新情報は公式サイトで確認をお願いします。

MobiMatter公式サイトのベトナムeSIMページでは、大量のeSIM商品が掲載されていますが、ダントツでコスパがいいのがVinaPhoneのeSIM。

MobiMatter - ベトナムeSIMページ

ただし、30GBと紹介されているものの、実際は3GB/日最大10日間利用可能という商品なので注意が必要です。

大容量データプランでありながら、価格は$9.99と日本円で1,500円前後。料金面ではGIGAGOよりも安いです。さらにメンバー特典でちょっとですが3%割引もアリ。

めちゃくちゃ動画を見たりしない限り、1日3GBあれば普通に十分です。

また、このVinPhoneのeSIMは+84のベトナムの電話番号が付いており、通話(発信)も15分まで無料。加えて、通話とSMSの受信は無料です。

フーコックでの通信品質

✏️
2024年2月時点での情報です。

現地に到着後、eSIM(回線)をモバイルデータ通信に設定するだけですぐに利用できるようになりました。

VinaPhone提供のeSIMなので、当たり前ですがVinaPhoneのネットワークにつながります。4Gでした。

VinaPhoneの4Gネットワークに接続中

尚、無事接続されて開通したら、以下のようなSMSがVinaPhoneから送られてきました。

開通時のSMS

フーコックではそこまで広く行動はしませんでしたが、基本的にカバレッジで気になった点はありませんでした。

通信速度

以下がフーコック島内で行ったスピードテストの結果です。一番右がホントム島のウォーターパーク(アクアトピア)、それ以外は島の南西部周辺です。

基本的に中身はGIGAGOの販売するVinaPhoneのeSIMと同じなので結果もかなり似たようなものになっています。

速度的にもレイテンシー的にも問題なし、終始非常に快適にデータ通信を使うことができました。実際、ホテルのWiFiよりも安定していたくらいです。

ローカルeSIMはやはり品質が一般的に良いと言えます。

(番外編)楽天モバイルの海外ローミング

✏️
2024年7月の情報です。

ゼロ円プランがなくなった楽天モバイルですが、自分は一応バックアップ回線として契約しています。

すでにご存知の方も多いと思いますが、楽天モバイルでは毎月2GBまで追加料金なしで海外ローミングが使えます。利用できる73カ国にはヨーロッパや北米、アジアの主要都市は全て含まれています。

2024年3月と7月にベトナムで実際に利用してみましたが、VinaPhoneだとそこそこ使えたものの、MobiFoneだと若干エリア的にも速度的にも微妙でした。

詳しくは楽天モバイルの海外ローミングをまとめた記事内のベトナムでの体験談に載せているので、利用を検討している方は参考にしてみてください。

楽天モバイルをすでに契約中の方は試しに使ってみるのは全然良いと思いますし、サブ回線的なバックアップとしてはとても重宝すると思います。ただ、楽天モバイルをメインで使う予定であれば、プランBはしっかり考えておいた方がいいように思います。


利用用途や予算に応じてeSIMを選択すべし

ソラコムモバイルの場合は購入から利用開始まで本当に簡単で、爆速というわけではないものの通信は安定している印象。ちょっとだけ割高でも利便性や安定性を求める旅行者向けと言えそうです。日本の上場企業が提供するサービスなので日本語でサポートを受けることができますし、また利用できなければ基本全額返金というのも嬉しいところ。

SimOptions の Smart Traveller eSIM は現地での通信にやや不安はあるものの、料金的にも妥当、そして日本含め複数国で利用できるというメリットがあります。また、2023年からはローカルeSIMもラインナップに出てきました。

Nomadは利便性、コスパ、現地での通信品質のバランスがよく、少量のデータプランから大容量プランまで幅広いラインナップで使い勝手良し。

GIGAGOのローカルeSIM(by VinaPhone)はさすがのコスパと商品ラインナップ。SMS送信での開通手続きやインターネット共有利用時のAPN設定など、少しだけ玄人向けかもしれませんが、電波状況や速度面の通信品質も非常によく、デメリットが見当たらないオススメのベトナムeSIM。

MobiMatterはGIGAGOと同じくVinaPhone提供のローカルeSIMということで、通信品質が良く、コスパは多分この中で一番でしょう。また無料通話が付いている点も特徴。

ということで、どれをとってもWiFiレンタルやキャリアの海外ローミングサービスよりは安上がりだと思います。eSIMなら万が一使えなくてもすぐ別のものを購入&利用できますし。

補足

現地SIMも買って通信品質を比較してみようと思ったのですが、店に行って、選んで、買って、SIMトレイを開けて、SIMを入れ替えて、諸々設定して、元のSIMを無くさないように保管して、帰国してまた戻して、という一連の作業がもう面倒で結局購入しませんでした。eSIMに慣れたら物理SIMカードってほんと面倒に思えてきます。

海外旅行時のeSIM検索は eSIMDB で

旅行先の国や地域から、簡単にプリペイドタイプのトラベルeSIMを検索・比較することができます。ぜひ利用してみてください 👇

海外旅行者向けeSIM検索・比較サイト「eSIMDB」

40以上の旅行eSIMサービス、20,000以上のデータプランから旅行先や予算に応じた検索ができます。

eSIMDB 公式サイトはこちら